2009年12月

2009年12月31日

大晦日

今日は大晦日。

どうにか大掃除も終え、
明日のおせち、お雑煮の準備も終え、
あとは除夜の鐘を聴くばかりです。

ほ~。。。
やっとほっと一息です。。。

ちなみに、うちはもう年寄りばかりなので、
除夜の鐘を聴きながらの年越し蕎麦はしません。
夕食がてらの年越しそばです。

  ・・・そういえば小さい頃、夕食を食べた後に一度寝て、
    夜中の11時30分頃に起こされて、
    寝ぼけ眼の状態で年越し蕎麦を食べた記憶があるな~。。。
    何だかちょっと、懐かしいな~。。。

で、今年は、いつも夕食のおすそ分けをしてくれるお隣さんも一緒に、
年越し蕎麦を食べました。

ちなみに、やっぱりおすそ分けで、
野菜のかきあげ天ぷらをいただいたので、
例年になく、なんだか豪華になりました。

DVC00426

今年も無事にこのときを迎えられて、本当によかったです。

さて。
テレビでも見ながら、年越ししましょうかね~。

ではでは。
良い年越しを~!!



chiaki_aoi at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 | 今日の出来事

2009年12月30日

年の瀬ですねぇ~

いろいろと書きたいことはありましたが、
なかなかちょっと忙しくて、一週間以上たっちゃいました。すみません。

クリスマスやら、忘年会やら、いろいろありました。
てか、クリスマスに忘年会したんですけどね。



で、まずはクリスマス&忘年会。
例の焼き鳥屋さんで開催しました。

しかも、「ケーキ持ち込み可(!)」ということだったので、こんなカンジになりました。

DSC04664

焼き鳥屋さんなのに、ケーキの持ち込み認可、ありがとうございます!
いや~。いつも楽しいんだけど、なんだかさらに楽しかったですぅ~♪

てか、こうやって見ると、焼き鳥とケーキって。。。
なんだか不思議な卓上の風景。。。今更(^^;)



それと。


12月28日に、父の年内最後の検診をしてきました。
結果は良好でした。

「出来る限りのことは完璧にこなしている状態」を維持している。
相変わらず「年齢以外」は。という、先生のお墨付きです。
よかったよかった。

ま、あとは父が自覚をもって慎重な生活をしてくれることを祈るばかりです。

ということで。



年の瀬。年末。あと1日。



良い年明けが迎えられますように。。。(^人^)







おまけ画像

DVC00404
先日、久々におされな飲み物を飲みました。
カフェモカ。
ちょっと甘かったけど、美味しかった♥


chiaki_aoi at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 | 今日の出来事

2009年12月21日

明日は冬至

オレンジの太陽の光と、夜空のアオが、
とっても綺麗なグラデーションを夜空に描いていました。

DVC00402

意図せず、三日月も写りました。

でも残念ながら、やっぱり肉眼で見るのとは全然違いますね。

明日は冬至。
なんとなく、いい天気だといいな。。。

chiaki_aoi at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 | 

2009年12月16日

いただきもの

仕事仲間の "まうはせさん" に、貰いました。

これを。
DVC00393

何だか分かりますか?







実はコレ、「ゆず」です。




。。。でっかくね(@@)?


となりの比較物は、500mlのペットボトル。。。
鏡餅の上に置いたって、鏡餅よりでかいって(^^;)

大事に鑑賞して、香りを楽しみたいと思います♪
ありがとうで~す(^^)ノ

chiaki_aoi at 21:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)今日の出来事 | 日常

2009年12月10日

母の交通事故の件。やっと終了です。

母の交通事故の件。やっと終了します。
示談書類にサインしたので、あとはお金が振り込まれれば、本当に終了です。

去年の8月12日から、約16ヶ月。
長かったな~。。。

母の介護というか介抱自体も、
本気で死んじゃうんじゃないかと思うほど大変でしたが、
それよりも、保険屋とのやり取りの方が、精神的にはやられました。

担当医の歯医者さんも不信感を抱くほどで、
「間に入った方がいいですか?医師会に連絡しましょうか?」
と心配してくれる程だったし。

保険屋にいくら文句言っても態度は変わらず、ほとんど謝罪もない。
「普通はこうあるべきじゃないんんですか?」
と言えば、
「代理店ならそういう対応もするかもしれませんが、
 うちは代理店ではなく会社経営なので」
ときたもんだ。

あったまきたので、被保険者である通所サービスの所長に伝えたら、
早かったね~。対応が。
その通所サービスの、保険担当のスーバーバイザー(アドバイザー)が、
すぐに手土産持って、頭を下げに来ました。

いや、本当は、この通所サービスの人たちは、
母をもんのすごく手厚く介護してくれたし、対応してくれたし、
感謝してもし足りないくらい良くしてくれたので、
本当ならこんな風にクレームなんてつけたくなかったんだけれど。

でも、でも、でも。

うちだけではなく、他の人だって同じような対応をされているかも知れない。
おそらく他の人は(特に年配の人だったりしたら)、
きっとクレームなんて言えずに泣き寝入りしてしまうかも知れない。。。
と思ったら、やっぱりここは言わなくちゃと決心。

「うちはもうすぐ終了しますので、今後の参考にしてください」と、
そのスーバーバイザー(SV)さんに、
保険屋の態度・対応・言動を、2つ3つ説明したら、半ば絶句。

なにせ、保険の前提条件でさえもが、
私が保険屋から受けた説明と、SVさんの説明が異なっていたのだから。
(もちろんSVさんの方が正式な話です)

ため息混じりに、
「戻って、保険屋と、きちんと話し合いをします」
と言っていたので、かなりクレームは伝わったのではないかと思う。



今後、もう、
こんなふうに事故の被害者が、
保険屋からの精神的苦痛を受けずにすみますように。

保険とは、
被害者が、事故で受けた身体の傷の回復と、
精神的なショックを癒すことに集中できるような、
そんな環境を作るためのサポートをしてくれるような、
そんなものであって欲しいと思います。。。



chiaki_aoi at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)親/医療