2008年11月

2008年11月30日

増えてきました

ママの体重が、33.9キロにまで増えてきました。嬉しいことです。

でも、体重が増えて歩けるようになり、
少しずつ自分で出来ることが増えてくると、
今度は、やらないで欲しいことをするようになってくるので厄介です。
(時々そのことで戦争がおきます。頭にくるので、泣かします。
 でもママは次の日には戦争自体を忘れていることがある。。。厄介です)

ちなみに、こんなカンジ。

・早朝、まだ誰も起きてない時間に、新聞を取りに外に出る。
(冬の朝は寒いから室内との気温差も激しいし、
 父も私も寝てると、
 何かあっても気づけないかも知れないからやめてくれぇ)

・一人で2階にあがり、
 1メートル以上あるクリスマスツリーを両手で持って、
 (つまり手すりにつかまらずに)そのまま階段を降りてくる。
 (普通に考えても危ないから。お医者さんにも止められてるんだし)

・お餅を焼いて食べる時に、
 お醤油をたっぷりひたして食べている。
(見てるときはちょっとしかつけないのに、
 見てないとき(こっそり見てるけどね)は、ひたひたにつけてる。
 いい加減に懲りてくれ怒
 しかも、時間がたつと食べたの忘れるから、
 放っておくと一日に5個も6個も食べようとする。
 お腹壊すからやめてくれぇぇぇ。
  
てなカンジで、まだまだ他にもいっぱいあたりする。。。怒

身体はどんどん回復しつつあるけど、
物忘れや、理解力の低下はどうにもならないからな?。。。
正直、自分の症状をまったく理解してないし?困った汗

あ。でも今回、事故で歯を失ったので、入れ歯を作り変えたのですが、
この前の土曜に、そのNew入れ歯が完成しました。
あとは微調整に何回か歯医者に通うだけです。

ということで、年末年始は、このNew入れ歯で過ごせそうです。
これでさらにしっかりご飯が食べられるし、
しっかり噛めるから、少しは脳の活性化になるかもしれないよね電球

と、まぁなんだかんだと、まだまだ問題は山積みですが、
とにかく、体重が増えてきて、事故前の状態に戻りつつあるのが救いです。

そろそろ、バリアフリーとかも考えなくちゃかな?。。。

at 21:00|PermalinkComments(0)親/医療 

2008年11月23日

はげまし、ありがとぉございます?

ありがとうございますにっこり
コメントやメール、本当にありがとうございます。
元気がでます!おかげざまで、がんばれています力こぶ

えっと。
先日の土曜日の病院報告ですが、パパの頭のCT、取ってきました。
大丈夫そぉでした?OK
タンコブも小さくなっていたし、傷口もふさがっていたので、
このまま異常が無ければ治療は終了で大丈夫とのことでした。
よかったです?音符

なので、そのままパパもママも、
インフルエンザの予防接種を受けてもらいました電球

夜になってちょっとママが熱を出したので、
一瞬「注射のせい!?逆感染したか!?」とか思ったけれど、
翌朝には下がっていたし、これもどぉにか一安心です。

いやはや、
パパの頭も、一週間で治療終了になったし本当によかったです。
これでまた、ちょっと安心して眠れます。

ちなみに、ワタシの元気は基本的には睡眠によって回復します。
寝られれば大丈夫です。

みんなも、疲れてるときや具合の悪いときは、
とにかく出来るだけ、少ない時間であろうとも、
ちょっとでもいいから多く、寝たほうがいいです!
これが実はなかなか難しいのだとは思うけれど。

どぉしても「今」じゃないといけないことはしょうがないとして、
なるべく用事はぜぇぇんぶ後回しにして、とにかく寝たほうがいいです。
それも、できればちゃんとお布団で!
たとえ10分でも、15分でも、お布団で寝れれば違います!
「10分のつもりが1時間になっちゃった!」
としたら、それは身体が本当に欲していた休息なのだから、
1時間休まなかったら、きっと倒れていたのだと思ったほうがいぃかもです。

ここ半年で、ワタシはホントに、そぉ実感しました。
身体が欲している休息をとらないと、
気づかないうちに、きっと精神の方が壊れます。

ワタシは疲れがたまったときに、
仕事をお休みして、丸1日以上、寝てました。
食事とトイレのとき以外、ずーーーーっとひたすら寝てました。
そしたら翌日には元気になりました。

なので今のワタシは、
たとえ夜、3?4回は起きざるを得なくても、
しっかり眠れているので、元気です力こぶ笑顔

at 21:21|PermalinkComments(0)親/医療 

2008年11月17日

大丈夫でした?

今日の午前中、
一応、救急ではなく、通常診察で病院へ行ってきました。
今のところ、大丈夫のようです。

今週末の土曜22日が、毎月の定期健診日なので、
そのときに再度、頭部CTの検査予定です。

ついでに、そのCTの結果がよければ、
インフルエンザの予防接種も受けさせちゃうつもりです。
もちろん、ママも一緒です。

なんだかいろんな病気やケガや、予防接種で、
頭の中が混乱しそうです(><)

あ。
ママの体重、現在33キロまで回復しました。
ママのほうは、もぉあと一歩です笑顔

at 21:54|PermalinkComments(3)親/医療 

2008年11月16日

今度はパパが転倒

災難は続くもので、今度はパパが、
ママの部屋ですべって転倒しました。
後頭部を強打!
またもや救急車のお世話になりました。


転倒当初、
手がしびれると言っていたのでかなり心配しましたが、
頭部をCT検査、
首や肩まわりをレントゲン検査した結果、
頭部にかなりのタンコブ(頭蓋骨と頭皮の間に内出血有)と、
500円玉級の擦り傷がありましたが、
今のところ脳内に出血はみられず、
手の痺れや首周りの痛みは、
一種のムチ打ちの症状のようだということで、
とりあえずは無事でした。
(明日また整形外科で再診ですけど)。

あとは、現在、血流を良くする薬を飲んでいるので、
その副作用(?)で、
徐々に脳内出血をおこす危険があるので、
「めまい・吐き気・言動異常」があらわれたら、
すぐ来てCT検査をしてください。ということでした。

*****

私が台所にいるときに、
爆発音のような「バンッ」という音がしたので、
なんの音かとママの部屋を覗いてみたら、
そこにパパが仰向けで倒れていたのを発見したですが、
瞬間、あんな音がするほど頭を強打したのなら、
「もぉダメかもしれない!?」と、
本気で心臓が縮み上がりました。
でも、柱や鏡台のカドや、多数の危険物たちが散らばる中、
それらすべてをまるで奇跡のように避け、
プラスチックに後頭部をうちつけたのが良かったようです。
(後で見たらプラスチックカゴが破損していたので、
 想像ですが、このカゴが、
 衝撃を吸収して衝撃音を発したのではと思っています)。

それにしても・・・。

うちの両親は、
「交通事故」や「屋内転倒での頭部強打」
などの事故にあいながら、
回復可能な程度のケガ・病気ですんでいるのは、
両親の年齢を考えると、本気で奇跡に近い気がします。

母の交通事故のときは、
少し前に身代わり守りの土鈴が割れ、
奇跡的な偶然の重なりで、
入院や最悪の事態を避けられました。
(縫ったり骨折したりしましたが、
 回復可能ではありました)。
今回の父の件も、不幸中の幸いが重なり、
今のところ大事にはいたらずにすんでいます。
(よりにもよって後頭部強打!でも、タンコブですんでいる)。
・・・何だかうちの両親を目に見えぬ何かが守り、
「最悪の事態」だけは、
避けてくれているような気がしています。
本当に本当に、ありがたいことです。

とはいえ、まだ今夜も様子見ですし、
明日も再診なので、まだまだ安心してはいられませんが...

でも、これからも、
この奇跡のような偶然の運命の重なりを信じて、
まだまだ慎重に生活して、長生きしてもらいたいと、
本気で、心のそこから思った一日でした。

ホントにマジで、
仰向けでひっくり返っている父を見た瞬間は、
震えがくるほど怖かったよ?。。。

at 23:42|PermalinkComments(0)親/医療